お知らせ

フォレスターズかがわ事務局だより2018.7.18

2018年07月18日

猛暑がつづく毎日です。

暑さに負けず、と若い頃にはよく言われましたが、
自然現象に立ち向っても非力な人間はとうてい勝るわけはありません。
いかに対処する術を身につけておくかが大切だと思います。

この夏、会の活動も山の方は8月はお休みします。
まちの活動やイベント出展などは7、8月も実施予定です。
涼しくなる10月は、みどりの感謝祭(仮称)が開催予定で、ただいま出展企画中です。

暑さ厳しき折体調管理に気をつけてお過ごしください。

さて、7月のリレーコラムは宮武さん(理事)です。

----------------------------------------------------------------------------

              災害に備える

平成30年西日本豪雨災害により被災された方には心よりお悔やみとお見舞い申し上げます。

被災地が近いことから、関係者の方も多くいるのではと思います。

以前、救助隊員の方から一度災害が発生すれば道路の寸断や崩壊、また救助隊員や

資機材の被災などで一週間は救助が来ないと覚悟してください。

その間、自力で生き延びる備えが必要ですとお聞きしたことがありました。

皆さんは準備できていますか?

担当者の指示に従って避難してください。担当者が不在の時や担当者が被災してたら?

また、負傷者が指示に従って避難できるのでしょうか?


最近では年に数回発生している甚大な被害をもたらす災害。本気で備える必要が

あり、一度発生したら想像を超える事態が起こることの認識が必要です。

食料や防災用具の備蓄も必要ですが、刻々と変化する状況に自ら情報を取りに行って

判断する知識を身に付けておくことも大切だと思います。

そして、水害のようにある程度余裕をもって避難できる場合はそのタイミングを誤らないこと

だと思います。
                                       宮武浩一


ブログトップ