お知らせ

フォレスターズかがわ事務局便り2018.6.14

2018年06月14日

梅雨空に巣をめがけて、一気に子のもとへ餌を運ぶ親ツバメ、。
もうこれ以上は開かない、というような口を広げて餌をねだる5羽の雛たち。
眺めていると一種の清涼感が抜けていきます。

この時期の森の活動はお天気とにらめっこで、
例年だと出鼻をくじかれるのですが、
今年は初回から2回ともセーフで、さい先のよいスタートになりました。

山の活動、町の活動、
これからも一つひとつを丁寧に、吟味を加えながら実施したいと思います。
-------------------------------------------------------------------
6月のリレーコラムは青木節子さん(理事)の投稿です。

          25年ぶりの飛行機

つい、先日の事、東京へ行かなければならない用が出来、時間的なものもあり、
飛行機に乗る事になりました。実を言うと、飛行機が大変苦手で、新婚旅行以来。
どこへ出掛けるのも、地上の乗物only。
なので、当日まで、ドキドキ、離陸まで、ドキドキ。離陸するときのGで、目をつぶり。

が、目を開けて見た眼下の景色!
海と空と山の青さ!
雲が下に見えるやん!
地球ってすごい!

それからは、窓にかぶりつき。
飛行機って凄いですね!
数百人乗せて空を飛ぶ!
考えて作った人すごい!

恐怖が大きかった分、驚き、感動も半端なく、とても、ステキな体験でした。
木工教室はじめようと思って、
フォレスターズかがわさん主宰の竹のお箸作りに参加して以来、
フォレスターズかがわの皆さまをはじめ、たくさんの方々にお世話になってきました。

織田信長が、人生50年と唄ったその歳を来年には迎えます。
昔の人は、凝縮された人生を送っていたんだなあと思いつつ、
自分がこれからの人生をどう進んでいきたいか、どんな生活を目指したいか、
時折、考えます。
それは、次世代に伝える事かなあと思っています。
木の事、森の事、道具の使い方、ものを作る事・・。
飛行機に乗った時、私が感じたような、ワクワクや感動を、
たくさんの人に伝えていけたらなあと思います!

これからも、よろしくおねがいします!
    青木節子


ブログトップ