お知らせ

フォレスターズかがわ事務局だより 2018.1.11

2018年01月11日

2018年を迎え健やかにお過ごしのことと思います。
フォレスターズかがわは今年も森林づくりや環境教育活動に取り組んでまいります。

 ・香川らしい里山と暮らしのかかわり方 
 ・川上が取り組む県産ヒノキの活用と普及を川下へ
 ・多種多様な森の営みを会や個人の活動とどう結びつけるか

あらためて活動の目的を考えたり、これからの展開を思ってみたり等々・・・
これからも倍旧のお力添えをお願い申し上げます。

さて、初回のリレーコラムは北川理事長です。

 新年に入り寒さが厳しく感じます皆様ご健勝のことと思います。

 昨年末に高松市・栗林小学校新校舎竣工記念の見学会で、
 21世紀の小学校の教室を見てきました。
 校舎はエントランスも幅広く、靴を脱ぎ上がった奥の正面には体育館の出入り口が見え、
 ホールには広々として明るく学校とは思えないよう空間で、
 また、ホールの壁に川島猛画伯の絵がかけてありました。
 2階から5階までのある、教室、図書室など多くの部屋の壁、棚、コンクリートの柱を覆う面など、
 子供が触れ見えるところは木目、節が目に着くような木材が沢山使われており、
 「フォレスターズかがわ」の会員として嬉しくなりました。
 この新しい校舎の建 物が今後どの様な歴史を持つのか分かりませんが、
 木の感触が経年変化をしても良き環境を与えて維持されることを願うものです。

 森林ボランティア活動は季節に合った作業が年中できます。
 今年も体力に見合う作業で安全第一をもって無事故であることを願っています。(北川)



ブログトップ