お知らせ

みどりの学校・薪風呂をつくろう!参加者募集

2018年09月29日

◆みどりの学校・体験講座
暮らしを考える集い・薪風呂をつくろう!Project
土壁塗りと自然食体験
・と き:10月27日(土)10:00~13:00
・ところ:綾川町の古民家広場
・内 容:
   建築中の風呂小屋に土壁を塗ります
   暮らしや農と食また木と森のことを参加者の皆さんと楽しく語ります
   そして、野外広場でみんで自然の食材を使って食事をつくります
・詳しくはチラシをご覧ください。




フォレスターズかがわ事務局だより2018.9.26

2018年09月26日

9月も終盤、暑さも去ってずいぶんとしのぎやすくなりました。
今月初めには20年ぶりに香川(五色台)で開催されたという
日本自然保護協会主催「自然観察指導員講習会」に参加してきました。
埼玉、神奈川、大分、高知、愛媛と県外を含め24名の受講者が、
降る雨の中、座学3、フィールド3の6コマの講座を二日間に分けて受講しました。
あらためて自然とのかかわりを考える印象深いものでした。
秋は森林活動や、野外イベントがたくさん開催されます。
ぜひ、興味のある活動や催しに足をお運びください。

-----------------------------------------------------------------

 今月のリレーコラムは、硲 允(はざま まこと)さんです。(理事)

            《子どもたちの学習力》

 「里山ふれあいプロジェクト」で、幼稚園や保育園(所)を月に2~3回訪問し、
 ヒノキの木琴「ヒノッキン」を叩いています。

 普段は接することのない年齢の子どもたちと一緒に時間を過ごして
 感じることはいろいろありますが、
 子どもたちの学習力はすごいなぁとよく思います。

 冒頭、フォレスターズかがわのメンバーが5~6人ほど、
 自己紹介し(ニックネームで。ぼくは「まっくん」)、そのあとで、
 「全員の名前を覚えてますか?」と一人ひとりの名前を聞くと、
 大きな声を揃えて名前を呼んでくれます。

 最初に「木と森のはなし」。
 それから「ヒノキ体操」をしてから、音楽の時間。

 ヒノキの楽器の説明をしたあと、
 ヒノッキンの音に合わせてみんなで歌を歌います。
 ヒノッキンをぼくが叩くのを見た子どもたちはたいてい、
 自分で叩きたがります
 (何でも自分でやってみたい、という意欲と積極性を見倣いたくなります)。

 去年まではてきとうに叩いてもらっていたのですが、
 今年から、「カエルのうた」の叩き方を教えることにしました。
 「ドレミファミレド…」と音階で歌いながら2回ほど叩いて見せると、
 半数弱くらいの子どもたちはあっという間に覚えて叩けるようになり、
 びっくりしました(「カエルのうた」が難しい子どもたちには、
 もっと簡単なフレーズを叩いてもらいます)。

 先日訪れた保育所では、3ヶ月前にピアニカを吹いたそうで、
 それからしばらく経っているのに音階を覚えていて
 多くの子どもたちが「カエルのうた」を叩けたことに先生たちも驚いていました。

 何でもあっという間に覚え、驚くほどの速度で吸収してしまう子どもの頃に、
 何を教わり、どんな考えや価値観に触れるか、
 ということはとても大事だと思います。
 たった30分ほどで伝えられることは限られていますが、
 少しでも今後に役立つ経験をしてもらえたら、と思って出掛けています。
   



みどりの学校体験講座参加者募集中!

2018年09月22日

★森林体験と森のかけらのおまもりづくり

・日時:平成30年9月22日(日)10:00~13:00
・場所:琴南の森(備中地県有林)まんのう町造田855-1 備中地池東詰め
・内容:ヒノキの間伐材を使っておまもりをつくる
・申込:NPO法人フォレスターズかがわ事務局
    電話:090-3183-4952又は090-9773-1243
    メール:shinrin@mg.pikara.ne.jp